国語科 イメージ

国語科

最初に一言語りかけることから

現代文は幅広いものです。学習のポイントは、なるべくたくさんの文章題を解き、さらに解いた問題で誤答になったとき、なぜかをしっかり考えることです。漢字・現代用語などの基礎力、心情の展開を考える、理論構築、書くこと、これらを重要視し、そして明るく元気な授業をしたいと思います。
京華は授業以外でも面倒見のよい先生がたくさんいます。いつでも一言語りかけてください。

町田 英幸
高等学校国語科

自分を信じてチャレンジして

国語の授業は各学年週5時間あり、そのうち2時間は1・2年次は「表現」、3年次は「古典」を学習します。基本は、「読む」「書く」「話す」こと。あたりまえのようですが、とても大切なことです。
授業中は発言を重視していて、生徒のいろいろな意見を取り上げ、楽しく、時間が過ぎるように感じるような内容にしています。いろんな可能性を秘めた生徒の学校ですから、チャレンジ精神でがんばりましょう。

片野 力
中学校国語科